仕事ができない人の尻拭いで疲れた優秀な人への処方箋

目次

仕事ができない人の尻拭いで疲れ果てた人たちへ

こんにちは、ごっちんです。

 

 

 

ちょっとキツめの話ですが、、、

仕事ができない人の尻拭いで
心底疲れたりツラい思いをしてるんだったら、

自分一人の実力で全てが決まる、
個人のスモールビジネスをやることを
超おすすめします。

 

 

おすすめしますというか、
もうそれしか解決方法はないです。

 

 

 

終身雇用が崩壊するのは確定ですが、

まだ簡単にクビ切りできるような
ステージではないので、

もうしばらく時間がかかりそうですよね。

 

 

 

じゃあ将来的にそのステージになって、

使えない人たちを簡単に
リストラできるようになるまで

いまの尻拭いを続けるんですか?

ということです。

 

 

 

普通に最悪ですよね・・・。

 

 

 

・もう疲れた
・やってられん
・なんであんなクソなやつよりも自分のほうが給料低いんだ
・年功序列なんてクソ喰らえ
・雑魚は全員クビにしろ

 

 

みたいな悲しい気持ちに
なってる人がたくさんいます。

 

 

僕が課長だったときも
若手がこういう感情になってる場面を
たくさん見てきましたし、

僕が若手のころ、
正直同じことを思ってました。

 

 

正確に言うと僕の場合は、
クソお荷物社員として思われてる側でしたが、
なんとか生き返りました。笑

 

 

 

現実的に課長ポジションをやって
いろんな人たちの仕事を俯瞰して見て思うのは、

給料を若手の2倍もらってるのに、
仕事は1/10しかやってないようなやつが
ごろごろいるってことです。

 

 

 

信じられますか?

ガチなんです。

 

 

 

僕のいた会社は、
まだそれでもまともなほうで、
(多分・・・)

世間一般の会社だったら
目も当てられないくらい、

痛い光景が広がってるんだと思います。

 

 

なんで自分より給料いいやつがラクしてるんだ?

ほとんどの会社で
降格制度がないのが問題です。

 

仕事ができなくても
年功序列で給料とか階級が上がったのは
昔の話でいまの時代には全く合ってません。

 

 

できないやつはできないなりの
給料にしていかないと、
いろんな矛盾に説明がつきません。

 

 

昔は愛社精神とか根性論とかで
片付いたというか水に流したんでしょうし、

ネットやSNSが無かった時代は
他との比較も難しかったです。

 

 

いまは誰でも情報を得られる時代なので、
おかしいものはおかしいって気づけます。

 

 

 

降格人事のない会社なら、
管理職になる一歩手前のポジションのくせに

ほとんど何の貢献もしないやつらが
山のようにいます。

 

もしくは管理職になってから
無能ブリを発揮して窓際族として生きるか。

 

 

 

 

そして、いまの日本って、
こういうポジションこそが
勝ち組だとか

マジでクソみたいな思考が
メジャーになりつつあります。

 

 

 

ほんとクソですよ、この思考は。

 

 

 

でも、
実際こういうやつらの尻拭いばっかり
させられてる立場だったら、
こんなの1mmも納得できないはずです。

 

 

・なんで降格させないのか?

・なんでこんな雑魚よりも自分のほうが給料低いんだ?

・もうこんな尻拭いはこりごりだ

 

 

ってなるに決まってます。

 

 

 

なんでこんなに給料上がらないんだ?

降格できないのは仕方ないとしても、
じゃあせめて尻拭いしてる側は
昇級させてあげればいいじゃん?

ってことにならないのが
JAPANのやばいところです。

 

 

昇級だっていまだに年功序列バリバリ。

 

 

どう考えても優秀な若手を
引き上げるべきなのに、

どん詰まりしてる方々を
先に上げないとダメだとか
理解に苦しむことが
しょっちゅうありましたよ。

 

 

日本企業なんて根本的には
何も変わってないですよ。

 

 

人事評価だって
数字で測れるものばかりじゃないですし、

結局上司との人間関係が
どうしても重要になってきます。

 

 

昔のまんまです。

 

 

 

もうほんといい加減に
こういうのを変えていかないと、
手遅れというかもう遅いぐらいですね。

 

 

 

 

全部一発で解決できるのはビジネスだけ

で、結局のところ、
国とか社会とか会社とかに
こういう構造を変えることを期待するのは

この30年ぐらいの歴史で
全く不毛なことだってわかりきってるので、

なにか変化を期待するのはもうやめましょう。

 

 

悲しいことですけどね。

 

 

仕事ができない人のことで
イライラしたりしてしまって、

自分の大切なマインドシェアを
奪われてしまうのは人生の損失です。

 

 

であれば、
さっさと自分からそういう世界に
サヨナラしてしまうべきです。

 

 

 

全部一発で解消するのは
自分でビジネスやって
会社依存から脱却するしか
いまは方法がないんです。

 

 

 

優秀な人ほど
使えない人の被害に遭ってるなんて
ちゃんちゃらおかしい話なんですよ。

 

 

 

その才能と時間は、
もっと日本をよくするために
思う存分使ってほしいなと。

 

 

 

そのためには
サラリーマンという職業だけでは
ちょっと難しくなってくるので、

まずは副業でビジネスをやってみて、
コツコツがんばって”資産”を作って
独立起業するのが最適解なわけです。

 

 

 

もう本当にこれしか思いつきません。

 

 

 

いくら仕事のできない人に
なんとかレベルを上げてくれとか、
もっと真剣にやってくれなんて
言ったって願ったって、

他人のことなんて結局は、
自分ではどうにもできませんから。

 

 

 

これを無理やりやろうとすると
いろんな無理が生じてしまいます。

 

 

 

 

こういうことも
含めてなんですけど、
人間って

『いま手に入らないものも手に入れようとするから、いろんなことが崩壊する』

って思ってます。

 

 

 

 

 

仕事ができない人の尻拭いばかりで
人生で最も価値のある
若い時間を失ってしまうのは
本当にもったいないことです。

 

 

ぜひビジネスにチャレンジしてほしいですし、
僕がそのチャレンジに一役買えたら
それはそれは楽しいなって思ってます。

 

 

一緒にがんばりましょう。

 

 

僕もがんばりますよ。

 

 

2024年、ガチで会社を辞めたい人向けの戦略を書いてみた

僕は時価総額4兆円の会社で課長職をやってましたが、2023年8月31日に会社を退職して、いまはブログを書いてご飯を食べてます。

 

2024年から”真剣に”脱サラを目指す人向けの戦略を書いてます。

 

ちなみに、メルマガではこの記事で書いた戦略の内容を実践したノウハウを共有しています。

 

興味があったら覗いてみてください。

 

2024年から”真剣に”脱サラを目指す人向けの戦略を見てみる

 

 

コメント

コメントする

目次